recent

2017

著書

  • 東京大学教養教育高度化機構初年次教育部門・増田建・坂口菊恵編(2017, Mar 24)「科学の技法: 東京大学『初年次ゼミナール理科』テキスト」東京大学出版会 240p.
  • 坂口菊恵(2017, Mar 24)「性差は科学できるか」同上発展編 p.140-148.

査読論文

  • Schmitt, D. et al. (2017, May) Narcissism and the Strategic Pursuit of Short-Term Mating: Universal Links across 11 World Regions of the International Sexuality Description Project-2. Psychological Topics. 26(1):89-137.
  • 坂口菊恵(2017, July 20)「『認知の性差』議論の複雑な事情心理学評論 60(1):105-110.

解説・総説論文

  • 坂口菊恵(2017, July 1)「性戦略とヒトの進化」 脳と心の正体、文藝春秋SPECIAL 2017夏号(40):182-187.
  • 坂口菊恵(2017, July 5)「行動生物学者はブレイン・マシン・インターフェースの夢を見るか?」 UP 46(7):7-14. 東京大学出版会
  • 坂口菊恵(2017, in press)「性への偏見を克服する――進化心理学」 臨床心理学

2016

学会発表

  • 坂口菊恵(2016, Aug 23)「クラウドリソースとの連携による教員・TA グループサイトの改良:東京大学初年次ゼミナール理科2年目を迎えて」NetCommonsユーザカンファレンス2016、於東京

解説・総説論文

  • 坂口菊恵(2016, Feb 1)「雌雄の分かれ道(上):性ホルモンによる制御」連載 愛と分子、現代化学 539:37-39.
  • 坂口菊恵(2016, Mar 1)「雌雄の分かれ道(下):異性を配偶相手とする仕組み」連載 愛と分子、現代化学 540:56-58.
  • 坂口菊恵(2016, Aug 19)「LGBTの生物学的基盤」特集 LGBTを正しく理解し、適切に対応するために、精神科治療学 31(8): 1003-1008.

招待講演

授業協力

  • 坂口菊恵(2016, May 14)「ヒトはなぜ恋愛するのかー生物学的な視点から」かわさき市民アカデミー2016年度前期 心理学コース『現代日本の課題をめぐる心理学からの挑戦ー自分らしく生きるための絆を求めて』
  • 坂口菊恵(2016, May 28)「性差と性行動の生物学」横浜市立大学 エクステンション講座平成28年度前期『生活に役立つ心理学』
  • 坂口菊恵(2016, July 27)「研究成果は社会でどのように認識されるのか: セクシュアルマイノリティをめぐる基礎研究と社会的受容」東京大学総合文化研究科 科学技術インタープリター養成プログラム 現代科学技術概論I

アウトリーチ

賞罰

  • 坂口菊恵(2016, Aug) 東京大学教養教育高度化機構特任教員奨励賞

2015

著書

  • 安部敏樹著・坂口菊恵監修(2015, Dec 11)「いつかリーダーになる君たちへ」日経BP 256p.

学会発表

  • 坂口菊恵(2015, July 5)シンポジウム「アタッチメントとセクシャリティの認知心理学」(話題提供)日本認知心理学会第13回大会、於東京
  • 坂口菊恵(2015, Aug 25)「Netcommons による教員・TA グループウェアの構築:東京大学初年次ゼミナール理科のこころみ」NetCommonsユーザカンファレンス2015、於東京

招待講演

  • 坂口菊恵(2015, June 2)「恋愛に実態はあるか」関西大学

解説・総説論文

  • 坂口菊恵(2015, Mar 26)「消費は異性へのディスプレイ 進化心理学から見た消費行動の性差」特集変わりゆくオトコ達〜男性市場の変化を読み解く〜 Marketing Researcher 126:34-37.

取材協力

授業協力

賞罰

  • 坂口菊恵(2015, Aug) 東京大学教養教育高度化機構特任教員奨励賞