AWSのCertificate Manager (ACM)で証明書を取得する
環境
WordPress Certified by Bitnami (Ubuntu)
新しくWordPressサイトを作成し、既存サイトのドメインを新しく作り直したサイト側に移行する

Certificate Manager (ACM)の取得の仕方は下記のサイトを参考にさせていただきました。
AWSでWordPressを構築したときのhttps化の簡単手順

しかしながら、自分ではこの通りの手順ではうまくロードバランサーを動かして、サイトをSSL化することができず、以下のようにすることで成功しました。

まず、EC2でWordPressサイトを一通りつくる。
その後、参考サイトのようにドメインに対してACMを取得する。

ドメインプロバイダで、CNAMEを設定する。

リスナーも、ターゲットグループも port80はつけない

443だけにしておく

ターゲットグループとヘルスチェック
ロードバランサーの設定確認
Route53だけではなく、ドメインプロバイダ(お名前.comなど)側も、ネームサーバがAWSのものになっていることを確認する

ドメインプロバイダ側で、古いAレコードが残っていたらすべて削除する。
ネームサーバの付け替えにはそこそこ時間がかかる。

SSL証明書の確認

そのサイトで本当にAmazonの証明書を使っているかどうかは、FirefoxでURLバーの左端の鍵アイコンをクリックすると分かる。図の例ではAmazonの証明書になっていないことが分かる。

AWSとロードバランサーを使ってサイトをSSL化する
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。